在学中の引っ越し

大学生が夏休みに引っ越しする理由と安く済ませる方法

大学生が夏休みに引っ越しする理由と安く済ませる方法

大学生が夏休みに引っ越しする理由と安く済ませる方法

実は大学生が夏休み中に引っ越しをするケースも少なくありません。

特に大学1年生は初めての一人暮らしをしてみて、

  • 思っていた部屋ではなかった
  • 入学前には良い物件が見つからなかった
  • 隣人の騒音がトラブルが我慢できない
  • 寮で生活してみたけど大変だった

などの理由から、夏休みを期に引っ越しをする学生も多いんです。

大学生活中でも引っ越しをする人や理由は多いのです。

→【大学在学中に引っ越しをする理由

→【キャンパス移動に伴う引越しの注意点

入学から数ヶ月で住所が変わっても、周りの友人が不審に思ったり、大学側に変な勘ぐりをされることもないので安心して下さい。

ただ、ほとんどの物件は入居から1年未満に退去すると、家賃の1~2ヶ月分を契約違約金として支払う必要があります。

その場合は敷金が戻ってこなかったりする場合もあるので、注意が必要です。

また、退去時には清掃料2万円やエアコン清掃料などがかかる場合があり、引っ越しに伴って払う出費は結構多いんです。

場合によっては退去に20万近く支払う必要があるかもしれません。

これらの費用を払ってでも引っ越しをしたいと思っている方は、今現在の生活にかなりストレスを感じていますよね。

今度の引っ越しは失敗できないと思っていらっしゃるでしょう。

そんな時は自分の納得のいく不動産を探してくれる「ietty」などを利用しましょう。

オンラインチャットで相談にものってくれるので、店舗に足を運ばずともじっくり決めることができます。

さらに、物件の入退去でお金がかかるでしょうから、引っ越しの費用はできるだけ安く抑えたいですよね。

引っ越し業者を決める時は、ネットの引っ越し業者比較サイトを使った方が良いです。

比較サイトを使って、少しでも安く、自分の条件に合う業者を探しましょう。

有名なのは引っ越し侍というサイトです。

→【引っ越し侍の公式サイトをみる】

また、荷物が多いと引っ越しの際も費用がかさんでしまいますので、不用品は売ってしまい荷物を減らしつつ、軍資金を貯めましょう。

→【即日対応可能な不用品回収:くまのて】

この記事では、大学が夏休みに引っ越しをする時の理由や注意点などを解説します。

大学生が夏休みに引っ越しをする理由

大学生が夏休みに引っ越しをするのも、意外と多くの方が経験しています。

一番多いのは大学1年生の引っ越しです。

はじめての引っ越しで失敗してしまったケースや、そもそも入学の際に良い物件がなかったので仕方なく住んでいる部屋に納得がいかないケースです。

また、一人暮らしの費用を抑えるために、寮に住んでみたものの、共同生活が苦になって引っ越しをするケースですね。

いずれにしても、そのままの生活ではストレスが大きいでしょうから、お金の都合がつくのであれば引っ越しをした方が良いと思います。

夏休み中の引っ越しにかかる費用について

夏休みの時期は引っ越し業界の閑散期なので、引っ越しにかかる費用自体はそこまで高くならないことが多いです。

しかし、物件の入退去については別問題です。

多くの物件では、退去時にクリーニング代などのお金がかかります。(入居時に支払う場合もあります)

さらに、契約期間中に退去してしまうと、家賃の1~2ヶ月分を支払う必要なども出てくるので、出費は覚悟する必要があります。

5万の家賃の家でしたら、違約金として10万支払うことも多いです。

さらに、新居の契約料で敷金・礼金・クリーニング代・鍵交換代・保証料・仲介手数料などで20万近くかかりますよね。

こうなると、引っ越しをするだけで30万近くかかるわけです。

引っ越し費用を安く抑えるためには

引っ越し費用を安く抑える方法は2つです。

  • 手数料の少ないところに入居する
  • 引っ越し費用を抑える

この2パターンですね。

手数料の少ない物件に住む

ビレッジハウスに掲載されている物件であれば、敷金・礼金・仲介手数料・クリーニング代が0円です。

入居の際に必要な諸々の手数料が浮くので、引っ越しの際も少し気が楽ですよね。

しかし、大学の近くにビレッジハウスの物件がないことも多いです。

そんな時は、iettyなどを使って、不動産仲介業者さんとよく相談して物件の条件をしぼる必要があります。

今回の引っ越しは、人生で2回目になる方も多いと思いますので、前回よりは失敗は少ないはずです。

一人暮らしのイメージもついていると思いますので、納得のいく物件を探しましょう。

引っ越し費用を抑える

引っ越し費用を抑えるためには、自分で引っ越しをしてしまうのが一番です。

しかし、親や友人が大きな車を持っていなかったり、気軽に頼めないのであれば引っ越し業者に依頼するしかありません。

夏は閑散期なので、ぼったくりにあうことも少ないと思いますが、引っ越し業者比較サービスを使って、一番安い業者を探す努力はしましょう。

業者によっては数万円違うのなんて当たり前ですから、しっかりと比較して決めましょう。

→【引っ越し侍の公式サイトへ】

大学生の夏休みの引っ越し│まとめ

以上のように、夏休みに引っ越しをする場合は、費用のことも考えて少しでも経済的な引っ越しができるように工夫してみましょう。